映画「華麗なる一族」の感想

サイトマップ
Sweet Homeトップ画像

夫婦が語る映画「華麗なる一族」

Sweet Home > 映画 > 華麗なる一族

Sweet Home カテゴリ

結婚 海外旅行 国内旅行 インテリア家具 家電 住まいの雑貨 パソコン 映画 小説 漫画 無料ブログ 保険 内職・在宅ワーク リンク集 掲示板 メール

映画「華麗なる一族」 カテゴリ

私達夫婦の映画「華麗なる一族」感想記です。これから観ようとされている方の参考になれば幸いです。

映画「華麗なる一族」のオススメ度

映画「華麗なる一族」

白い巨塔」にハマったので、同じ山崎豊子原作という事で気になりながらもキムタクが主演という事で観る気もなかった「華麗なる一族」ではありましたが、会社の上司や部下が絶賛していたので今更ながら観ました。
VeohTVをダウンロード、インストールし(無料)、1〜10話までをダウンロードして準備万端。17インチ液晶ディスプレイをパソコンデスクの前の方に出して、ハンモックチェアの位置を従来の場所から移動し、ミニシアターの出来上がり^^
TBSが開局55周年記念特別企画として制作したドラマ「華麗なる一族」全話を嫁さんと観ました。最終話で泣き、再び観た時も泣きました。

名門、万俵財閥を率いる阪神銀行(神戸銀行がモデル。現三井住友銀行)頭取の万俵大介。野望を内に秘めた表の顔と妻が在りながら妾と寝起きを共にする荒んだ裏の顔を併せ持つ男。 自らが頂点に立つ一族を華麗たらしめる為に、自身の子を駒として政財界に人脈を張り巡らせるが、その中でただ一人、長男の鉄平にはずっと疑念を抱き続けていた。祖父敬介の面影を色濃く留める鉄平は果たして自身の子なのか、もしや祖父と妻寧子の間に出来た忌むべき子なのか・・・・・。
阪神銀行が大同銀行(協和銀行がモデル。現りそな銀行)を皮切りに上位行を吸収合併するという野望のために突き進み、相手無き憎しみと復讐の為に巧妙なる陰謀をも駆使する万俵大介。その彼に長男鉄平は翻弄され、鉄平が専務を務める阪神特殊製鋼(山陽特殊製鋼がモデル)は大介が裏で糸を引いた帝国製鉄(新日本製鐵の八幡製鐵がモデル)に苦しめられながら経営悪化。一族は不協和音を奏でだし、悲惨な結末を迎える...。
自分的にはこういった憎いキャストが出てくるドロドロ、或いは陰謀渦巻くストーリー、微妙な人間関係が織り成す物語は大好きで、その中でも真正面からそういった相手にぶつかっていく主人公も好きです。

「華麗なる一族」の実在人物(モデル)比較

万俵財閥 → 岡崎財閥

華麗なる一族関連


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO