漫画「狼の口 ヴォルフスムント」の感想

サイトマップ
Sweet Homeトップ画像

夫婦が語る漫画「狼の口 ヴォルフスムント」

Sweet Home > 漫画 > 狼の口 ヴォルフスムント

Sweet Home カテゴリ

結婚 海外旅行 国内旅行 インテリア家具 家電 住まいの雑貨 パソコン 映画 小説 漫画 無料ブログ 保険 内職・在宅ワーク リンク集 掲示板 メール

漫画「狼の口 ヴォルフスムント」 カテゴリ

私達夫婦の漫画「狼の口 ヴォルフスムント」感想記です。これから読もうとされている方の参考になれば幸いです。

漫画「狼の口 ヴォルフスムント」のオススメ度

漫画「狼の口 ヴォルフスムント」

ストーリーのベースとしては悪くないのだが、如何せん絵が下手。。。
この絵ではこのストーリーは活かせない。
中世アルプス山脈。ドイツとイタリアを最短距離で結ぶ交通の要衝であるザンクト・ゴットハルト峠は、アルプス山脈に住まう人々に交易による大きな利益を齎していた。 峠に権益を持つウーリ、シュヴァイツ、ウンターヴァルデン二準邦の森林同盟三邦は、敵から既得権益と自由を守る為に13世紀末に盟約者同盟(後のスイス連邦)を結成したが、 峠の権益を狙うオーストリア公ハプスブルク家によって三邦は占領され、圧政が敷かれてしまう。
これに対抗する盟約者同盟の闘士たちは、独立を取り戻すために地の利を活かして抵抗を続けており、三邦には叛乱の機運が大いに高まっていた。 しかし、14世紀初頭にはハプスブルク家によって峠には堅牢な砦からなる関所が設けられ、三邦の民衆は内部に閉じ込められていた。 地元民は何人たりとも通行できず、密行を企てた者を一人残らず抹殺するこの非情な関所を人々は恐れと恨みをこめて「狼の口(ヴォルフスムント)」と呼んだ。 世界史上で有名な人物(ウィリアム・テル等)が登場。

久慈光久の漫画


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO