小説「一瞬の風になれ」の感想

サイトマップ
Sweet Homeトップ画像

夫婦が語る小説「一瞬の風になれ」

Sweet Home > 小説 > 一瞬の風になれ

Sweet Home カテゴリ

結婚 海外旅行 国内旅行 インテリア家具 家電 住まいの雑貨 パソコン 映画 小説 漫画 無料ブログ 保険 内職・在宅ワーク リンク集 掲示板 メール

小説「一瞬の風になれ」 カテゴリ

私達夫婦の小説「一瞬の風になれ」感想記です。これから読もうとされている方の参考になれば幸いです。

小説「一瞬の風になれ」のオススメ度

小説「一瞬の風になれ」

佐藤多佳子の小説はこの「一瞬の風になれ」で初めて読んだが、非常に上手い作家だと思った。
陸上の決して強くない春野台高校陸上部の一年に中学校までサッカーをやっていたが絶対的なサッカープレーヤーである兄にどこかコンプレックスを抱いていた未完の大器神谷新二と、その幼馴染の天才的スプリンター(だが中二で陸上はやめた為にブランクあり)一ノ瀬連という二名が入部する。 二人は互いを認め合い、互いに強くなっていく。
自分自身がスプリンターであったから尚更感情移入したのかもしれないが、純粋に高校陸上部をテーマにした小説でこれだけ夢中にさせ、清々しい気持ちを抱かせ、一気に読み切らせる筆力は凄い。三部作で全部合わせると結構なボリュームにも関わらず、それを全く感じさせない。 ただただ神谷新二と一ノ瀬連を、その周りの春野台高校陸上部のメンバーを、そしてそれをまとめるみっちゃん(三輪先生)の次のステージを見たいと心から思う。
神谷と一ノ瀬の100mは?200mは?4継(4×100mリレー)は?マイル(4×400mリレー)は?魅力的なライバル達との戦いの結末は?仲間達も彼等二人に続くのか?

ただ、ラストは主人公達の最終目標まで書ききることなく、どこかあだち充のタッチH2のようなあっけなさで終わる。この続きをいつか見てみたい。彼等はどこまでやれたのか、ということを。
息子には自分と違って球技のスポーツをやってもらいたいなぁ〜と漠然と思っていたが、陸上をやってもらいたくなった。一瞬の風になれは万人にオススメしたい名作です(漫画やテレビドラマは見ていないので知りませんが、色んな人の評価を見ているとやはり小説がダントツベストです)。

佐藤多佳子の小説


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO